中野 童男 紹介

 

1946年

  • 新潟市生まれ

1969年

  • 日本大学法学部卒業

1991年

  • 45歳、茨城県城里町に木葉下(あぼっけ)古窯(六世紀)を再現し、

  独学にて焼締めによる「自然釉」の追求をはじめる

1993年

  • この年以降、高島屋・三越等、各地デパート及びギャラリーにて毎年個展発表

1994年

  • 常陽銀行招待 本店ギャラらーにて 陶壁その他 を発表

1997年

  • 茨城県立ひたちなか保健所 玄関ホール陶壁を制作

1998年

  • 常陽藝文センター招聘 「自然釉の世界 中野童男展」 開催

2001年

  • 茨城県立陶芸美術館 「釉薬の世界展」 出品

2002年

  • 天心記念五浦美術館 「アール・エポック展」 出品

2003年

  • ドイツ ハンブルグ ダヒトア・ハレ美術館 「現代日本陶芸展」 招聘出品 渡欧

2004年

  • Kramik Magazin(独) [独学者Nakano Oguna] 特集記事 掲載

  • 茨城県立陶芸美術館 「器の美展」 出品 同作品寄託

  • ドイツ国立東洋美術館招聘 「Nakano Oguna展」 開催

  • 同美術館作品収蔵  期間中(2004/12 ~ 2005/2)渡欧

  • Museums Journal(独) 「Nakano Oguna展」 の評論記事掲載

2005年

  • 茨城県立陶芸美術館 「陶のなかに景色をみる」 出品

2006年

  • 茨城県立陶芸美術館 「土の響き 釉の調べ」 展 作品寄託

2009年

  • 茨城新聞社主催 「天より賦与されし巧みな絵筆 -自然釉- 中野童男展」 開催