←  桜が散っています・・・・・。  →

アトリエの桜が散っています。

もう、植えてからかれこれ二十年にもなる木々です。

大きく育って春を楽しませてくれています。

「 ひさかたの ひかりのどけき 春の日に

          しずごころなく 花のちるらむ 」  紀 友則

私は花が咲き始めるといつもこの歌を想い出します。

そして、花の散る日を心待ちにします。

桜の散華するその真中に立つと、心が高振り、頬打つ花びらの感触は

言い知れぬ興奮を身の内に引き起こします。

その瞬間に魅せられているのです。

桜吹雪の只中には なにか得たいの知れぬ気配 が潜んでいて

震えながら見上げている私の身にはっきりと添うて来る ” もの ” 

が感じられるのです。

もはや私の心は 「しずごころ」 どころではないのです。

ただただ震え戦きながら、枝先を離れて飛翔し、渦なして乱舞してゆく花びらの影を

陽に透かして見上げているばかりです。

幾万人もの先達が同じ思いでこの散華を見てきたことでしょう。

「 わが胸を のぞかば胸の くらがりに

            桜森見ゆ 吹雪きゐる見ゆ 」   『桜森』 河野裕子

と歌った歌人もいます。

 

今年も私は確に 「 花 」を見ました。