←  「アサギマダラ」 再考  →

 

前回 英 一蝶とアサギマダラについて書いたが・・・・・ 

前々回の森田さん(野鳥の会)から、また新しい 

「 驚き 」 を教わった。

アサギマダラは海を渡ってゆく・・・・とは

(海面すれすれを飛んでゆく映像をかって観たように思うのだが)

表現としては「波の穂によって渡ってゆく」と言った方が正確であるようだ。

森田さん曰く

揺れてうねる波の穂によって生じる空気の流れを羽で受けて

アサギマダラは海面を 「 滑翔 」 して行くのだと。

これは「 すごーい 」ことだ・・・・・!!!!

海面すれすれを飛んで、波から生まれる気流を掴んで、遠い遠い

国へ小さな体で渡ってゆく生命体・・・・・・。 

「 脅威のエコ滑空術 」 ではないか !!

人智の未だ及ばぬ航空力学かも知れない。

この話から、古代人が 真摯に自然と向き合い、それを観察して、

丁寧に記述していることを 古事記の中に改めて見出した。

 と言っても、

前々回のアサギマダラ幻想にて書いたごとく、

少名毘古那の神が海を渡ってくる場面はアサギマダラの渡海を

想起して書かれたと仮定して「 古事記 」を読んでゆくことが前提だが・・・・、 


古事記に曰く

「 かれ大国主の神、出雲の御大(みほ)にいます時に、

波の穂より、天の羅摩(かがみ)の舟にのりて、鵝(ひむし)の

皮を内剥ぎ(うちはぎ)に剥ぎて衣服(みけし)にして

帰り(より)来る神あり。・・・・・」

上記の「 波の穂より 」と書いてあるの部分が気になったのだ。

「 穂より 」 とは、如何なることか・・・・

従来の解釈の如く「穂に乗り」 なのか それとも、書かれたそのまま、

波の穂 「 より 」 なのか・・・・・

このことは迂闊には解釈できないことになる。

古事記原文は漢文体である。

正確を期すために引用すると

「 自波穂 」 と表記されている。

即ち「自」は助字の「より」であって決して、

「 乗り 」と狭く限定された意味ではない。

 

角川文庫の武田祐吉訳注の古事記の中のこの部分の解釈も

「波の穂に乗り」となっているのだが・・・・・・・・

 

古代人が 「 波の穂より 」 と表現し、記述していることに 

私は 心を 「 擱(お)きたい 」 ・・・・・・!!

 

波の穂の創りだす 「 気流・何かしら作用するもの 」 に 「 より 」

天の羅摩の船に乗って神は来たのだ。 即ち

「波の穂を滑翔して」 少名毘古那は帰(よ)り来たったのではないか。

 

この神が大国主の前から姿を消す時も奇異である。

日本書紀の記述の中に「一書(あるふみ)曰く」として、

少名毘古那は「熊野の御崎に至りて、遂に常世郷に適(い)でませり」 

とも、「淡島に至りて、粟茎(あわがら)に縁(のぼ)りしかば弾かれ渡り

まして、常世郷に適でましぬ 」とも書かれている。

「 粟茎に登り 」と書かずに 「 縁り 」と書いて「のぼり」とルビを振っている。 

 

日本書紀も勿論漢文体で書かれている。

ここでも古代人は注意深く 「 縁り 」という字を使っている。

この字は「ふち・へり、えにし・ゆかり、まつわる・からむ」等の字義を持つ。

実に思慮深い使い方である・・・・・。

少名毘古那の神にたいする古代人の思い入れの深さを感じさせる

ゆかしい表記だと私には思えるのである。

 

いづれにしても、「 飛行する 」 のが お好きな神様なのだ・・・・・。

いかにもこの「アサギマダラ」の飛行に想起された神様らしいではないか。

 

こうして、私の推論は俄然力づいてくるのである・・・・・・。


ほとんど翔きをやめ、優雅に滑空してゆくこの蝶の姿はなんと神々しい

気象(けはい)を宿していることであろうか・・・・・。

 

「英 一蝶 」 と無頼の男に自らを名乗らせたくなるくらい船の上から観た

波の穂をゆく 「一蝶」 は孤高で美しいハナブサであったに違いない。

 

アサギマダラは神秘の滑空を古代人に魅せて、無頼漢をも魅了して、

超然と大洋に浮いたのである。