←  最近の作品  →

定規状に切った粘土板を接合して作り上げました。

「 華舎 」と造語して、一連の作品に仕上げています。

華も活けられますし、火鉢「火舎」にもなります。

 

 「 方 」と名づけた「わたしの想念」の塊りです。

 

 

 

 飛鳥瓦を模して焼いた花器です。

ビロード肌の百合たちがお似合いでしょう。

 

 

 

 この「わたしの想念」の表象である塊りは、この組み合わせにして、

茨城県立陶芸美術館に寄託しました。

 

 

 

 算珠壺

 

 

 

 天の磐舟

 

 

 

 冬瓜(水指)