お待たせいたしました。  →

 

 新しい窯を3回焚きました。


 とても焚き良い窯になりました。

 いい作品もとれました

 

 

06032401.jpg

 

 自然釉  “方”

 所謂、”三つ具足” を ”想念の塊り” として抽象し、ただ、そこに存在 させたかったのです。

 

 

06032402.jpg

 

 自然釉窯変磚(敷瓦)

 “風の落ちていった原野” と名づけました。

 

 窖窯ならではの、枯れ寂びた 風情です。

 

 

06032403.jpg

 

 自然釉窯変磚 (敷瓦)  “水韻”   とても綺麗な翠です。

 

06032404.jpg

 

 自然釉窯変  “壇”  唐招提寺の”戒壇” を想って造りました。

 

 

06032405.jpg

 

 芒目文広口花入  ”のぎめもん” と読みます。

 

 

06032406.jpg

 

  自然釉窯変秘色ぐい呑 

 ブルーのビードロは、まさに”秘色青磁”です。

 

 

06032407.jpg 

 

 自然釉窯変翡色茶碗 

 翡色が落ち着いて、派手すぎず、好ましく、愛らしい一碗です!

 

 

06032408.jpg

 

 自然釉窯変灰残蓋置 

 実に 「我が意を得たり」です!

 

 

06032409.jpg

 

 自然釉窯変蓋置

 有難そうな印を押しました。

 

 

06032410.jpg

 

 “飾台”製作途中

 翡色の表情を狙っています。

 

 

06032411.jpg

 

 自然釉窯変ぐい呑

 

 

 とても、嬉しい出来上がりです。嬉しくて、歌を詠みました。

 

        わだつみの いらこの宮ゆ

        岩つとう 常井の水を 酌めば楽しも

                               をぐな

 

 

 

コメント(1)

これまた素晴らしい作品です。本当に目がくりくり実物を手に取り温かみを味わいたい作品群です